【日本小児科学会】コロナウイルスについて子どもに関するQ&A

こんにちは。
当サイト管理人の まる です。



まだ症例も少なく、情報が限られているコロナウイルスが及ぼす赤ちゃんや子供についての影響。


日本小児科学会が注意点に関するQ&Aを公開していたので、一部抜粋してまとめました。

厚生労働省による妊婦さん向けのリーフレットも載せています。



どなたかのお役に立てば嬉しいです!


※長文です。目次から見たい項目に飛べます!

小児に関するコロナウイルス感染症Q&A

子どもが感染した時の症状は?

感染しやすさは成人と変わらず発熱、乾いた咳を認める一方で、鼻汁や鼻閉などの上気道症状は比較的少ない様です。
成人と同じように、発熱が続き肺炎になる例も報告されています。

一部の患者では嘔吐、腹痛や下痢などの消化器症状を認めます。

感染していても無症 状である可能性も指摘されていますが
子どもは正確に症状を訴えられないことに注意しなければなりません。


子どもも重症化する?

重症化する割合は成人と比べるとかなり低いようです。

しかし、成人同様に呼吸状態が悪くなることもあります。
年齢の低い乳児などは注意が必 要です。


小児ぜんそくなど合併症を持っている子どもが特に注意すべきことは?

 一般的に小児ぜんそくなどの合併症を持っている子どもの呼吸器感染症は重症化する可能性があります。

ただ基礎疾患ごとにリスクや対応は異なりますので、かかりつけの医師にご相談ください。
周囲の人が感染しないように気を付けることが重要です。


母乳はやめた方がいい?

母親が感染している場合は、直接の授乳は避ける必要があります。

母乳自体の安全性については現時点では明らかではありませんが、中国からの報告では、感染した女性6名の母乳を調べたところウイルスは検出されなかったとされています。

母親が解熱し状態が安定していれば、手洗い等を行った上で搾乳により母乳を与えることは可能と思われます。


子どもにマスクは必要?

マスクをする利点は、くしゃみや咳に含まれる飛まつを直接浴びないということ。

子どものマスク着用は現実的ではないため
感染した方から1~2メー トル以上の距離を保つことがお子さんの感染予防につながります。


子どもの感染を疑ったらすぐ受診?

実際には、一般の医療機関や休日夜間急病診療所等を受診しても
診断を確定するための検査はできません。

さらには、新型コロナウイルス感染の
軽症者に対する特異的な治療法はありませ ん。

呼吸数が多い、肩で息をする、呼吸が苦しい、唇や顔の色が悪いなど
肺炎を疑う症状があり、入院が必要と考えられる場合を除いては、新型コロナウイルス感染症を心配して
医療機関を受診することはお勧めできません。

厚生労働省からの新型コロナウイルス感染症を疑う基準は
「37.5℃以上 4 日」とありますが
これは成人・高齢者では適当ですが、小児の場合「風邪」の多くが当てはまってしまいます。

小児では、原因不明の発熱が続く、呼吸が苦しい、経口摂取ができない、ぐったりしているなどの様子が見られるときは
速やかに医療機関を受診してください。

ただし、 小児であっても濃厚接触者や健康観察対象者である場合は、まず地域の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。 

全国の帰国者・接触者相談センターは厚生労働省のページを確認してください!

既に入院中の子どもの面会は?

必要最小限の人数に絞り、感染対策を強化しながら継続が望ましいと考えます。

面会者の方は、自宅で体温を測り、咳、鼻汁、下痢、嘔吐などの症状がないことを確認した後
子どもの面会前に手洗いとマスク着用などの感染対策を守ることが必要です。


子どもが感染したら入院?付き添いは可能?

軽症の場合は自宅あるいは宿泊施設等での療養が望ましく、入院した場合でも速やかな退院が望ましいと思われます。

ただし保健所との相談が必要であり
自宅療養後も電話等による健康状態の確認が必要になります。

子どもの具合が悪く、入院加療が必要な場合
保護者は感染者あるいは濃厚接触者である可能性が高く、病院への来院や面会が出来ない可能性があります。


保育園、幼稚園など登園は可能?

保育士からの子どもへの感染や子供同士の感染は少なく
保育所、幼稚 園、学校などへの通園、通学を自主的に控える理由はありません

家庭内で感染者がでた場合は
その子どもは濃厚接触者として登校、登園を控えること


また、厚生労働省から
微熱や風邪の症状がある場合は、 登校、登園を控えるようにという推奨が出ています。


子どもは外出したり友達と遊んでもいい?

感染のリスクを 下げるために以下のことを守れば、外出や子ども同士の遊びは可能です。 

  • 同居している兄弟、家族同士で遊ぶ
  • 屋外では他人との接触を避ける


健診や予防接種に行くべき?

新型コロナウイルス感染症を予防するための対策も重要ですが
極端な制限によって、予防できる他の重要な病気の危険性にさらされることを避ける必要があります。

保護者と実施者が協力し可能な限り予定通りに実施すべきと考えます。 

お子さんや付き添いの保護者の方については
発熱や咳などの症状がないことを確認すること、成人では手指消毒や手洗いの励行とマスクの着用は必須です。

きょうだいや祖父母などの同伴を避けること
健診や予防接種会場、医療機関でオムツを替えないこと(新型コロナウイルスは糞便中に排泄される 可能性が指摘されているため)も心がけてください。


厚生労働省より妊婦の方々へ

感染が妊娠に与える影響

厚生労働省の発表より以下抜粋。


現時点では妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、 経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています。

胎児のウイルス感染症例が海外で報告されていますが、胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告はありません。したがって、妊娠中でも過度な心配はいりません。

ninpu-1





また、情報の更新があれば追記します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。