【出産祝い・誕生日にも!】0歳おすすめ絵本

こんにちは。

当サイト管理人の まる です。

 

 

娘のひよ子は現在1歳、絵本が大好きです。

 

今まで毎日必ず読み聞かせをしてきた

 

 

 

わけではなく

 

 

基本的には私が思いついた時に読むスタイル(絵本の存在忘れがちスタイル)やったんですが

 

それでも、おもちゃと一緒にずっとそばに絵本を置いていたからか

ひよ子も自分一人で絵本を開いて見るようになり、読んでほしい時は私に手渡してくるようになりました。

 

 


1歳を過ぎて断乳してからは
夜寝る前の授乳代わりのスキンシップとして読み聞かせが習慣化したのですが

 

同じ本を読んでいても、ひよ子が日々違う反応をしてくる!

 

最近ではその変化がめちゃくちゃ分かりやすく
リアクションがあると私も読むのが楽しいし嬉しいし可愛い・・・!

 

 

という訳で、これまで読んできた絵本で、ひよ子のお気に入りをまとめてみました。

 

贈り物にも良いと思うので
どなたかの参考になれば嬉しいです!

 

 

【0歳絵本】おすすめは『原色&ボードブック』

あかあかくろくろ

 

ひよ子に初めて読んだ絵本。
ファーストブックにおすすめです。

 

妊娠中に絵本を探している時は
「赤ちゃんに見せるのに黒い背景ってどうなん・・・なんか暗くない?」と思っていましたが

赤ちゃんの目の発達について調べたところ

 

新生児の目の焦点距離は顔から16~24cm、認識する色は黒、白、グレーだけです。

色覚が発達を始めると、赤ちゃんはまず赤を認識します。生後3か月になるまでには、あらゆる色を認識するようになります。

ボシュロム・ジャパン㈱ 『赤ちゃんの目の発達』

 

原色の方が良い理由がちゃんとあった・・・!

 

 

この絵本は赤・黒・白の三色がメインに使われていて、生後3カ月ぐらいでもじっ・・・と集中して見ていました。

 

「あかいね」「しろしろ くろくろ わんわんわん」など文章も短いのでリズムをつけて読みやすく


1歳を過ぎた今では、自分で絵を指でなぞってみたり、お気に入りのページで笑ったり、まだまだ飽きていない様子!

 

 

そして私が赤ちゃんの絵本でめちゃくちゃ重要だと思ったのが

 

ボードブックであること!!!

 

『ボードブック』は『合紙という絵本用紙より厚い紙をさらに貼り合わせて作った本』(㈱偕成社さんHPより)
ページが板のように分厚くしっかりしているので、ちぎりにくく破れにくい!

 

色んなサイトでおすすめ絵本の紹介を見かけますが、普通の紙の絵本をすすめられている方も多いので
おとなし~く絵本を触らずお話を聞いている赤ちゃんも多いのかもですが・・・

 

 

ひよ子の場合、ページをめくれるようになったその時から

 

めっちゃくちゃ何回も破る!めくる!(やたら力強く!)

 

破れた所をさらにほじくる!!

 

テープで補修しても、そこをさらに破る・・・!

 

 

無料サンプルや、市からもらった紙の絵本を渡して試していたのですが(生贄)
本当にすぐボロボロになったので、破らなくなるまではボードブックが良いなぁと思いました。

 

あと、触らせても分厚い方が指を切る心配が少なそうな所も良い!(切ることあるんかもしれへんけど、普通の紙よりはマシやと・・・角もとがってないし)

 

17.5×17.5㎝ 24ページの大きめ、ちょっと重量感のある絵本です。

 

 

しましまぐるぐる

 

先程ご紹介した『あかあかくろくろ』と同じ作者さんの絵本です。
こちらを後から購入しました。

 

プレゼントするなら、『あかあかくろくろ』とセットも良いかもです。

『あかあかくろくろ』よりカラフルなので、私はこっちの方が可愛いな~と思ったのですが
ひよ子(生後4ヶ月頃)ウケは『あかくろ』!!!(もう略しますね)

 

でも今ではどちらも同じぐらい気に入っている、というか
『しまぐる』も楽しめるようになってきたので

0歳代後半(生後6カ月以降とか)からの方が認識しやすい色合いかな?と思います。

 

こちらも『あかくろ』同様ボードブックです。
サイズも17.5×17.5㎝ 24ページで同じ、ちょっと重量感があります。

 

ちなみに『しまぐる』の方が色使いが明るいからか
絵本以外のグッズも色々出ています。

 

お風呂で遊べる防水絵本とか

 

ベビーカーにぶら下げられるお出かけメリーとか

 

プレイジムもあります。

 

じゃあじゃあびりびり

ブックスタート事業(0歳児健診などの機会に絵本をプレゼントする活動。実施している自治体のみ・・・)でも選ばれたことでさらに有名になった絵本。

 

これも生後3~4カ月頃に買いました。

ひよ子の反応は

 

まぁ・・・普通に見るのは見る。

 

という感じで。

 

私としては『あかくろ』シリーズより軽くて小さめのサイズ&擬音語が多いので読みやすいのですが

 

内容が「ふみきり かんかんかんかん」「そうじき ぶいーん ぶいーん」とか
ちょっと難しい(分かりにくい?)内容と絵があったから、何とも言えん反応やったのか・・・

 

パキッとした赤!青!黒!白!ではなく
鮮やかではあるけどちょっとくすんだような洒落た配色というか・・・そこもひよ子に分かりにくかったポイントかもしれません。

 

 

ですが、この絵本

 

今、めっちゃ好き。

 

生後6か月か8ヵ月かそれぐらいからだったと思いますが、どんどんお気に入りになっていきました。

 

特に赤ちゃんや猫の泣き声のページ(あーん、あーん。にゃあにゃあ。とか)が面白いみたいで

私が読むのをマネしながら大きな口を開けてこっちを見てくるので笑えます(可愛いという意味で)
(「あかちゃん」って言った瞬間にめっちゃこっち見ながら口あーんしてくる。口の限界まであーん。)

 

最近は魔の(魔ではないけど)「ふみきり かんかん」ページも好きになったようで
踏切の絵を指でなぞったりしながら熱心に見ています。

 

14×14㎝ 22ページのボードブック。
お出かけなど持ち歩きにも良い大きさだと思います!

 

はらぺこあおむし

 

有名も有名で紹介もいらないかもしれませんが
全世界累計3,000万部を売り上げている『はらぺこあおむし』

 

私はどんなお話かを知らず「めちゃくちゃ有名なのには理由があるはず、気になる!」と購入。

 

読んだ感想としては「これがそんな・・・人気・・・?」(何様)

 

 

ですが、ひよ子にとっては

買った当初(生後8カ月ぐらい)から今現在に至るまで

 

ずーーーーっと
一番のお気に入り絵本なんです。

 

 

一応、対象年齢2歳からなのですが

この絵本は生後8ヵ月でも表紙を見た瞬間から目をキラッキラ輝かせて大注目!!!

 

毎ページ、じっ・・・と集中して一生懸命に見つめて
たまにフフッと声を出して笑ったり。

ひよ子の食いつきを見て、これはすごいわと思いました。

 

物語があるので(だから『2歳から』にしてるんやと思う)
赤ちゃん時代は絵を見て、大きくなってきたらお話がもっと分かるようになって

長~く楽しめる絵本だと思います。

 

 

出版している㈱偕成社さんが『はらぺこあおむし』の特設ページを作られているので
ぜひ見てみてください!

通常版とボードブック以外にも、飛び出すしかけ絵本とかぬりえ絵本とか
色んな種類があるのに驚きました。

 

ボードブック版は13×18㎝ 24ページ(この絵本は横長です)

軽くてお出かけ用にもおすすめです!

 

 

そして、服やら食器やらおもちゃやら

グッズは山ほど発売されています・・・!

 

肌着とか

 

お水でお絵かきするシートとか

 

大きめのソフトモビールなんかもあります。

 

 

【無料プレゼント】絵本がもらえるキャンペーン

ブックスタート事業以外でも
色んな企業が『無料で絵本がもらえるキャンペーン』をやっていたので、まとめました。

 

㈱ベビーカレンダー しかけ絵本プレゼント

㈱ベビーカレンダーさんの企画

応募者全員にオリジナルしかけ絵本をプレゼント!

 

プレママ(妊娠中)は母子手帳ケース、ママ(育児中)はしかけ絵本のプレゼントのようです。

各1回申し込めます。

 

 

㈱ベネッセコーポレーション お名前入りえほん

こどもチャレンジで有名な㈱ベネッセさんの企画です。

世界にひとつの『お名前入りえほん』を全員無料プレゼント

 

赤ちゃんの『名前・生年月日・産院』が表紙に入るようです。

妊娠中は申し込み出来ません。
産後「申し込みが出来ますよ~」という通知が届くようメール登録可とのこと。

小中学生向けの本ではありますが

全27冊から希望の1冊を応募者全員に無料プレゼント

こちらはマンガやエッセイも選べて
幼児でも申し込み可、兄弟含め同時に3名まで応募できるとのこと。

すごい・・・!

本を読んで損はない!(多分!)

色んな子育てがあって、色んな教育法があると思いますが

 

本を読むことは(絵本の読み聞かせ)不要!!

 

やらなくてよかった!!

 

 

というのは聞いたことがないので
きっとやって損はない、子供にとって必ずプラスになることなんだと思います。

 

1歳からのおすすめ絵本も載せていくので
良ければまた見てみてください~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。