【離乳食中期】ダイソー《シリコン型》その後

※6/2 結果があまりにもざっくりすぎるやん。と思い直したので、色々追記しています。







以前にダイソーのシリコン型を使った離乳食作りについて書いたのですが


あれから3カ月半。


ひよ子の離乳食も中期に入り、あの頃の倍の量を食べ、ブレンダーでとろとろにしていた食材たちは手動みじん切りに変化。


数日おきに茹でては刻み、チンしては刻み。
(面倒・・・!)



同じくダイソーで売っている『ハンドル野菜カッター』を買おうか、有名かつ色んなサイズがある『ぶんぶんチョッパー』を買おうか。


色んなレビューを見ながら悩んでいたのですが



結局 買わず。




いやなんか。
あったらいいな~と思ってる間に乗り切れてしまいそうな感じやから。

けどみじん切りって飛び散るし、普段の食事作りでも使えるから欲しいなとはまだ思っている。

 


これです。大きいサイズもあるんですよね・・・
いやでもいらんかな・・・あったら便利かな・・・





それはいいとして、おすすめしてたシリコン型ですが
その後どうなったのかというと


めちゃくちゃ使っています。

大活躍!

で、結局ですね、大きい型が便利です。



離乳食中期では!

こっちのタイプのことで
1個にお粥60gぐらい入ります



小さい方も使ってるけど、みじん切りになったら型にめちゃくちゃ入れにくい。

刻んだにんじんとかポロッポロはみ出すわこぼれるわで、そういう水分少ない根菜系には特に全然向いてません。



こっちが小さい方で
1個にお粥10gぐらい入る


その点、大きい方の型なら1個の端と端に10gずつ入れて20g分の塊が作れるし(意味分かりますか)
どーんと60gも作れるし、気に入っています。



でも離乳食始まりたての頃は量も5gとかやし、トロッとした液状やったから小さい方の型があって良かったと思う。


あと使ってて思ったのがラップするのが地味に面倒くさい。


しょっちゅう作っては冷凍、作っては冷凍するから、毎回毎回ラップしなあかんし


って思ったら「後々お菓子作りにも使える可愛い型が良いな~」という人以外は、蓋が付いてるリッチェルの『わけわけフリージング』がおすすめかもしれません(結局~!)




という訳でまとめると



【離乳食 初期】

トロトロ&少量を入れやすい小さい型が便利!




離乳食 中期

みじん切り&大量のお粥も入れられる大きい型が便利!



【お菓子作りに興味ない人】
【ラップするの面倒くさい人】

【今後やってくるお弁当おかずの作り置きにも使いたい人】

『わけわけフリージング』を買ってください。
(大体の人がこっちやろ)
(お弁当おかずの話急に出たけど)(それ何ではよ思いつかんかったん)



みなさんも用途によって使い分けてみてください~!



(私は泣きながらミッキーの耳部分にニンジン詰めておきますね)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。